業務内容
環境対策
採用情報
お問い合わせ

HOMEに戻る



地球温暖化の危機が叫ばれている折り、私たちの地球をより住みやすいものにするため、環境問題での対応を弊社でも重要課題として考えて、使用材料からの見直しを行いました。

弊社では2年前より、発揮性有機化合物のVOC成分ゼロのインキであるSOYINK(大豆油インキ:植物油100%)を完全使用しております。

またアルコールもほとんど使用せず、実質ゼロパーセントを実現しております。

なお、再生紙を併用することで、より環境にやさしい印刷物が実現いたしますので、弊社では、とくに推奨しております。





当社は古紙配合率100% の再生紙を利用しています



SOYINKオフィシャルサイト(英語)
http://www.soyink.com/

SOYINKと今までのインキの違いは?
従来の石油系のものは印刷中に蒸発し、それが大気汚染の原因となっていました。しかし、SOYINKの場合、植物油100%の大豆油を使用していますので、インクが乾燥する時に発生する揮発性有機化合物の発生が大幅に軽減出来きるのです。そのため大気汚染や作業環境の保全にもとてもやさしいインキとされているのです。

SOYINKのメリット
■石油の代わりに大豆油を使用するので石油資源の抑制につながります。
■再生紙をつくる際は、印字除去がしやすく、紙繊維の損傷がほとんどありません。
■印刷物の品質を、充分保つことができます。


Copyright (C) 2005 Machida Printing Co.Ltd All Rights Reserved